SEO対策とリスティング広告|風評被害対策に格安SEO【サテライトサイトの魅力】

SEO対策を実施する目的と理由とは!リスティング広告との違い

SEO対策が活躍する業界・業態

SEO対策によって対策されたサイトはどのような業界・業態においても活躍してくれます。その中でも特にSEO対策をおすすめしたい企業についてこれからご紹介していきます。

SEOをおすすめする企業

  • webサイトのアクセス数を増やしたい企業
  • 自社ブランドの商品やサービスに関する認知度を高めたい企業
  • 検索エンジンを経由して得られる成果を伸ばしたい企業
  • 広告によって費用の負担に悩んでいる企業
  • インターネットを介してサービスを提供している企業

SEO対策とリスティング広告

虫眼鏡

SEO対策とは

現代では、インターネットを利用している人のほとんどが自分が調べたい情報を調べるために、Googleをはじめとした様々な検索サービスを利用しています。SEO対策はそのような検索エンジンを使っているユーザーに対して、自社での商品やサービスなどに関連するキーワードを載せたサイトを作ることで検索順位を向上させ、web上で多くの人に知ってもらう機会を増やすことを目的としています。

広告だけでは限界

広告という目的なら、リスティング広告を利用するという手段もあります。確かにリスティング広告では、SEO対策をしなくても検索エンジン経由で自社サイトへのアクセスを獲得することができます。しかし、リスティング広告ではあくまでも広告ですから、ほとんどクリックしてくれないというユーザーも中にはいます。そのため、熊本ではSEO対策を実施する企業が増えているのです。

コスト削減ができる

また、リスティング広告の場合、クリック課金によってアクセス数を増やせば増やすほどコストがかかります。そのため、仮に自社商品やサービスの購入に結びついたとしても、クリックにかかった課金額によって100%プラスになるということはまずないです。しかも、アクセスされることで料金がとられるだけでなく、1クリックにあたる単価がいつ高騰するかもわかりません。そのため、最終的にはSEO対策の方がコストを削減できると言えるでしょう。